Today's Interesting ...

Sat Sep 20
 ニューメキシコ州ロズウェルと言えば、1947年7月、UFOが墜落し米軍によって回収されたとして有名となった場所である。現在でもこの地域でのUFO目撃情報は後を絶たない。9月19日、この地で再び奇妙な事故が起きた。
 
 この地域で車の衝突事故を起こしたとみられている男性2人が行方不明となったのだ。約7時間後、ロバがたむろする草原で記憶喪失となって2人は発見された。
 
 交通事故を起こした男性2名の姿は事故現場から消えていた。事故直後、彼らから連絡を受け現場に駆けつけた救急隊員は、残された車を確認したが男性の姿はどこにもない。7時間後に男性から再度連絡を受け、事故現場から離れた草原の中で無事救助することができたのだが、発見当初記憶障害を伴っていたという。
 
 救助された男性たちによれば、午前2時頃、UFOの目撃が頻発するロズウェル郊外で飲酒運転していたそうで、目覚めたとき側にロバが数匹いたことは憶えているが、事故の晩以前の記憶がまったくないという。事情聴取した警察は、軽い記憶障害があるものの、出頭命令はしっかり出したと話している。
 
 ロズウェルは1947年7月8日、地元新聞が政府関係者によって「空飛ぶ円盤」が捕獲されたと報じたことで世界中から脚光を浴びた。それから数十年に渡り、異星人の宇宙船の破片が押収されたが、それを軍部がひた隠しにしているなど、陰謀論が真しやかに囁かれ続けている場所である。
ロズウェルUFO事件現場付近で、謎の交通事故が発生。男性2人が行方不明となり記憶喪失状態で発見される。(米ニューメキシコ州) : カラパイア
真面目に働いてる移民は職を奪う移民
真面目に働かない移民は福祉を食いつぶす移民

ってヨーロッパ人がいってた
ヨーロッパがヤバいことになってる件wwwwww : 大艦巨砲主義! (via sqiz)

(via yaruo)

さて、せっかくですから上のエントリーでも話題になっていたスマートフォンの行き詰まりについて考えてみます。
 
まぁ、この件に関しては商品のライフサイクルとして順調に後半の「陳腐化」の局面になっているということです。PCでもおなじことがおきましたし、普通に考えたらスマートフォンでも同じことが起きるでしょう。中国スマートフォンメーカーのXiomiの台頭はそのまんまレノボの登場と同じだし、スマートフォンというデバイスにこだわったら、やばいことになるのは火を見るより明らかです。
 
ただ、PCもなんやかんやいっても、Macはそこそこのシェアと利益率をキープできていますよね。同じようにiPhoneもこのまま高級機としてそこそこのシェアと利益率をキープできると思います。いや、アプリ開発のエコサイクルはMacOSXよりもiOSの方が強固ですから、その上澄み分を考えると、Macよりももっと高いシェアがランディングポイントになると思います。そしてPCなんかより、もっと広い人がスマートフォンを使っている以上、そこまでiPhoneはひどいことにはならない、むしろOSもエコサイクルも確保できていないAndroidメーカーの方が難しい局面でしょうね。Androidの王者Galaxyもかなり難しい局面だと思います。
iPhone 6 Plusというスマートフォンの行き詰まり - FutureInsight.info
アップルストアの行列。熱心なファンが徹夜して並ぶというイベントから、低賃金でかき集められた貧者が大挙して並ぶというこの世の地獄になりつつあって、アップルが目指すオシャレ感とかハイソとか置き去りにしている感じが凄い。退廃的なSFみたいだ。 太刀川るい(R_Tachigawa)さん | Twitter